カテゴリ:6年生

租税教室

 今日の3時間目、6年生は西条市役所市民税課の方をお招きして「租税教室」を行いました。税金に関するクイズやアニメを見て、税金がどのように使われているのかやもし税金がなかったらどうなってしまうのかということなどを学習し、税金の大切さについて理解を深めました。

 学習の最後には、ジュラルミンケースに入った一億円(ダミー)を見せてもらいました。予想以上の重さに子どもたちから驚きの声が上がっていました。

バイオマス教室

 1月22日(火)、6年生を対象とした「バイオマス教室」がありました。

 今日は、使用済み天ぷら油から作られた燃料で、車を動かす様子を見せていただいたり、ろうそく作りをしたりしました。

 普段、なかなか聞くことのできないお話や、実際に動く車などを見て、エネルギーの大切さに気付くことができていました。

 家庭でも、学んだことを伝えてくれることと思います。

東予東中学校との交流

 6年生は、今日の5,6時間目、東予東中学校との交流を行いました。

 5時間目には、中学校の先生が6年生を相手に社会と理科の授業を20分ずつしてくれました。どちらも楽しい授業で、子どもたちは興味津々でした。

 6時間目には、多賀小学校を卒業した東予東中学校の先輩方が小学校に来てくれました。中学校への進学を控えた6年生に東東中の学校生活について説明してくれたり、6年生の質問に答えてくれたりしました。

 最後は、3年生2名が文化祭で披露した大爆笑の漫才を見せてくれました。突然のお願いにも余裕で対応する中学生のすごさを6年生に見せてくれました。

 とても素晴らしい時間で、6年生は中学進学の不安が少し和らいだのではないでしょうか?また、東予東中の良さもしっかり伝わったことでしょう。

起震車体験(高学年)

 本日、2時間目から3時間目にかけて、起震車体験をしました。

 起震車は、愛媛県に1台しかなく、大変貴重な体験をさせていただきました。

 震度7の地震を体験し、備えの大切さを感じることができました。

 子どもたちからは、

「とても怖かった。」

「本当に起こる前に体験することができてよかった。」

「寝ているときに起こってしまったらどうするかを考えておかないといけない。」

など、それぞれよく考えをもっていました。

 今回の体験を、今後の生活に生かしていってほしいと思います。